サイト内検索
記事のカテゴリー
最近の記事
FEEDで更新をチェック
  • RSS1.0
  • Atom0.3
おすすめの本
おすすめの本
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
ブログ著者
<< GW漫遊記@岡山 | main | 電車になんか乗れないと思っていた >>
心地よい空間のつくり方
ボクは新しいヒト・モノ・環境に対する順応性は、
おそらく自慢できるレベルだと思っています。

初めて会話した相手に「初対面の気がしない」と言われることが
けっこうあるので、客観的にもそうなんでしょう。

なぜか?
ボクは猫に育てられたので、
特有のだらしなさと、迷惑をかけてもそう思われない存在感、
そして新しいものに対する警戒と好奇心が身に付いています。

だから新しいものがあればとりあえずちょっかいを出す。
そして安全かどうかを確認する。

ひょっとしたら相手は狂犬か、触ったら切れるナイフのような
存在かもしれませんが、そんなことは気にしない。猫並みの
知能ですから。

初対面の人と話ができる、というのはそれ自体がどうやら特殊
技能のように思われることがあって、

「やちきはトークがうまいからな」

と憧れともひがみともつかないことを言われることがあります。

だけど実際、ボクのトークはそんなにうまくないと思います。
だって、あまりウケは取れませんし。

無意識でやっていることなので本当かは自分でもわかりませんが、
ボクは会話をするときに「笑わせる」より、自分が「笑う」こと
を意識している気がします。

だいたいはこれで、誰とでも仲良くなれるんじゃないでしょうか。


それでも、人見知りの人はファースト・コンタクトで笑うのって
難しいと思います。

だからボクが後輩なんかによくアドバイスするのは、
「とりあえず、挨拶だけはきちんとしろ」

ということ。

人間関係なんて、それだけでOK。だいたいうまくいきます。
他の会話なんてなくても良いんです。人柄は口先でなく、
たたずまいや行動など、総合的に評価されるものですから。

でも挨拶だけはする。

朝会ったら「おはよー」
ごはんを食べたら「ごちそうさま」
シゴトが終わったら「おつかれ」
辞める時には「お世話になりました」

本当にこれだけで良いんです。

逆に、挨拶をしないと人間関係はダメになっていきます。
少なくとも、ボクは挨拶のできない人が嫌いです。

「おーっす」でも「ちゅーっす」でも「じゃー」でも良い。
すげー声が小さくて聞き取れなくても良い。
何か挨拶をしてほしい。


自分にとって心地よい環境をつくるために必要なこと。

それは自分のお気に入りの道具をそろえて個人の世界をつくる
より先に、挨拶を大切にして人とのつながりを築くこと。

ボクはそう思います。

| オレ理論 | 03:09 | comments(6) | trackbacks(0) |
コメント
同感!
私も思春期のころ、父と一切口を聞かない時期がありました。でも、父は私が返事をするまで、あいさつをし続けていました。
これは原点なんでしょうね。
今でも挨拶はこころがけています。
おかげで、毎朝通う道々に、いろんな知り合いが出来ました。

コミュニケーションの基本、ですよねー。
| チカ | 2009/05/18 8:12 AM |
うーん。。
深い。。。
それって自然体だからこそなせる技ですね。
最近その話が実は当り前なようで、非常に深いものだと思いました。
それに気付かせるための手法はいろいろ研究しているのですが、やちきさんの今日の話はなんか集大成のような気がします。
そして、大事なのはチカさんの父上のアクションを継続する勇気ですね。
ええ話聞かせてもらいました。
| yoshiyasu | 2009/05/18 11:45 AM |
> チカさん

ボクの友だちも、父親とまったく口を聞かなかった時期を経験している女性が多いです。

いやぁ、ボクがそのパパだったら布団を噛んで枕を濡らすか、地団駄ふんじゃうなぁ。

yoshiyasuの言うように、継続して挨拶し続けた父上はデカいと思います。
| やちき | 2009/05/20 3:23 PM |
> yoshiyasu

あれ、想定以上に刺さってる。
テレるね。

思わず自分の記事を見直してしまいました。

なんにしても挨拶の言葉が存在しない国はたぶんないから、世界共通で「便利」なんだろうな。

人と仲良くするための手段として。
| やちき | 2009/05/20 3:30 PM |
確かに。
確かにとても簡単でコミュニケーションをとるのに最も有効な言葉 "挨拶"

しかし悲しい事に最近の人(特にサラリーマン)、同じマンションに住んでいて、互いに顔を見れば明らかに知っているはずなのに、それでも横を素通りしていく。あれは、一体何なんでしょう? 私は、会釈だけでなく、ちゃんと声に出して挨拶をしているのに…。
朝から、テンション下がりまくりです。
私も最近の人には違いないけど、私より10年も20年も早く生まれている人が出来ないで、今の日本を背負って行くと思うと、先行き不安で不安で堪らなくなります。
世の中こんなんでいいのかなぁ?
| まっさ | 2009/05/20 11:15 PM |
> まっさ

マジメなコメントだからマジメに返すけど、大半の人はガラが悪いんじゃなくて憶病で警戒心が強すぎるんだと思う。

見ず知らずの人に声をかけるのは恥ずかしいし、リアクションが読めないからちょっと怖いし、素通りしようと。

だから電車で目の前にお年寄りが立っても席を譲れないし、道端に酔っ払いが倒れていても介抱しようと思わない。

警戒心と好奇心(他人への興味)のバランスが大事だよね。

ボクらにできるのは、実際にそうすることで楽しくやれるんだということを周りに行動で示すことと、子どもにちゃんと教育をすることくらいだと思います。
| やちき | 2009/05/21 1:42 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yachiki.soragroup.jp/trackback/834269
トラックバック