サイト内検索
記事のカテゴリー
最近の記事
FEEDで更新をチェック
  • RSS1.0
  • Atom0.3
おすすめの本
おすすめの本
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
ブログ著者
<< 雑記2008 | main | とある6月18日未明の記録 >>
映画『ザ・マジックアワー』
公式ページ

監督・脚本:三谷幸喜
出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか他

期待度:☆☆

最初に。ボクは三谷幸喜作品の“大”ファンではありません。
ごくふつうに「おもしろいな」と思うくらい。なので今回は
『インディー・ジョーンズ』とどっちを見ようか軽く悩み、
完全に「なんとなく」で『ザ・マジックアワー』に決めた。

くらいのテンションです。
--------------------------------------------------------------
感想:☆☆☆☆(すばらしい映画です。観るべき)

いやぁ、期待値が低いと星が高くなるの法則は相変わらずですな。

『ザ・マジックアワー』、すばらしい作品です。三谷幸喜作品とし
てというより、日本のコメディ映画として最高傑作の部類に入ると
思います。

脳裏に『有頂天ホテル』があったので、今回もぐでぐでになること
を想定していたのですが、いい意味で裏切られました。べたボメし
ますが、設定、ストーリー展開、アートワーク、役者の技量、すべ
てにおいて非の打ち所がない感じ。

映画館の観客がみんな笑うべきところで笑っている。もちろん、ボ
クも笑ってしまっている。

スクリーンの中だけでなく、客席の空気まで作れる映画なんて、そ
う出会えるモノじゃないですよ。これはぜひ、自分の部屋でなく映
画館で観て欲しいですね。

では、なぜ☆4つなのか?


『ザ・マジックアワー』は妻夫木くんが、売れない役者(佐藤浩市)
には撮影と偽り、ギャングのボス(西田敏行)には役者を伝説の殺
し屋と偽る設定。二重のウソを通す話です。

そして個人的に、ウソというのが生理的にニガテなんです。だから
テレビでやってるドッキリ系の番組とか観ることができない。

もちろん本作のウソなんて大して重くないんですよ。コメディだし。
そのウソのせいで、誰かが決定的に損なわれる可能性なんてないん
です。三谷幸喜作品だし。

それでもムリなんですよねぇ。これは作品のクオリティがどうとか
じゃなく、ボク個人の問題。


とにかく、この映画はおすすめです。映画を観にいく気分じゃなく
ても、ボクは鑑賞後にすばらしく幸せな気分になっていました。
| やちきのぼやき | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yachiki.soragroup.jp/trackback/667076
トラックバック