サイト内検索
記事のカテゴリー
最近の記事
FEEDで更新をチェック
  • RSS1.0
  • Atom0.3
おすすめの本
おすすめの本
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
ブログ著者
<< 餅を突け!1/6(日) | main | 大掃除 >>
しょうが焼きと私

外食をして、その料理の味に感動するとき。ボクには必ずパター
ンがあります。

それは「自分でも作れるメニューだけど、この味はすげぇ!」と
感じること。つまり、家庭的であればあるほど、さらに旨ければ
旨いほど評価が高くなる。

そんな中ですっかり定番になったのがしょうが焼きです。

地元に「グリルガーデン(通称グリル)」という謎の喫茶店があ
りました。店はかなりボロく、テーブルに使っているのはインベ
ーダーやバレーボールのレトロ・ゲーム台。もちろん壊れて動き
ません。

マンモス団地が近い。中学校が近い。神奈川大学の学生が多く住
んでいる。マスターが重量上げをしている色褪せた写真が飾られ
ている。

このような条件が合わさったとき、グリルのような店が誕生する
のでしょう。「特製ランチ(通称特ラン)」は夜21時の閉店時間
まで注文できるメニューで、料金は600円。

ハンバーグ、目玉焼き、ナポリタン、ちくわ揚げ、特盛りキャベ
ツ、ふやふやなとんかつ、特盛りライス、テイクアウトでなけれ
ば味噌汁も付きます。残念ながら写真は撮っていませんが、初心
者はまずそのボリュームにビビる。

商売のことなんてろくに考えなかった学生時代でさえ、「これで
儲かるのかな?」と心配してましたが、一向に潰れる気配もなく。

しかも、その料理が旨いんです。見栄えはしないけど、最高に旨
い。もう誇張ではなく、毎日食べてました。

で、話はしょうが焼きに戻ります。グリルのしょうが焼きは旨い!

豚肉はおそらくブロックから切っているんでしょう。1枚1枚が
かなり分厚く、そのタレの味だけでごはんがどんぶり1杯食えま
す。これも誇張でなく。

衝撃でしたね。しょうが焼きってこんなに旨かったのか。

初めて食べてから、とにかく味を盗もうとがんばりました。自宅
でしょうが焼きを作っては、グリルのしょうが焼きを食べてどう
違うかを研究する日々。

その1週間で、少なくとも10回はしょうが焼きを食べました。

そしてついに、グリルのしょうが焼きの再現に成功。酒としょう
ゆの黄金比。

2:1

みりんは一切使わない。しょうがはすりがねでしっかりすりおろ
し、結構たっぷり使う。

肉はそこまで漬け込まなくていい。その代わり、焼くというより
煮る。タレに浸した豚肉は油を敷かないフライパンで色が付くま
で焼き、その後余ったタレをフライパンに流し込んでフタをする。

あとの時間は適当。豚肉の中まで火が通ればなんでもいい。ちな
みにグリルは肉が厚いため、中身が赤いことが多々ありました。

男の料理です。繊細なことが気になる人は食べないほうがいい。

横浜を離れて東京に来てからも、このしょうが焼きだけはたまに
調理して食べています。もちろんごはんは特盛りで。

にんにく焼き

ちなみに、しょうがではなくにんにくを入れても、また美味なり。

| やちきの「うめぇ」 | 23:10 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
やきちさんおひさです!
最近ミクシー部屋廃墟状態でしたが、しょうが焼きのコメントに惹かれ久々にミクシーinしました!
美味しそうですね〜。私実家を出た頃、しょうが焼きと玉子焼きしか作れなくて、この2品は誰にも負けない料理だったんですが、、、グリルの味は、わしの味に近いかもしれんのう。。(ちょっぴり自慢)
仕上げに片栗粉を入れると、味が絡んでいい感じですよ。
| まりぞう | 2007/12/21 11:53 AM |
しょうが焼きの汁にひたひたになったキャベツ。
これだけでご飯3杯は食べれるよね。
| ふくちゃん | 2007/12/21 3:25 PM |
> まりぞう

おお、そうなのか。じゃあ次回ウチに来るときは厚切り
の豚肉を用意して、「しょうが焼き&にんにく焼き 夢
の豪華競演パーティー」にしようぜ。

> ふくちゃん

そうそう。みりんは入れないほうが爆発的にごはんが進
むのに、世のしょうが焼きの大半はなぜあんなに甘くし
てしまうのか不思議でしょうがない。
| やちき | 2007/12/21 6:28 PM |
今度、セキヤレシピのしょうが焼きをごちそうします。『グリル』の味に敵うかどうか。
| セキヤ | 2007/12/26 3:39 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yachiki.soragroup.jp/trackback/555239
トラックバック