サイト内検索
記事のカテゴリー
最近の記事
FEEDで更新をチェック
  • RSS1.0
  • Atom0.3
おすすめの本
おすすめの本
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
ブログ著者
<< 書籍『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』 | main | 学問のすすめ「初編」 >>
映画『マルホランド・ドライブ』

監督・脚本:デビッド・リンチ
出演:ナオミ・ワッツ、ローラ・エレナ・ハリング他

期待度:☆☆

んー。なんとなくデビッド・リンチだから借りてみた。『ツイン・
ピークス』は死ぬほど好きだけど、『ロスト・ハイウェイ』で痛い
思いしたからなぁ。安定感がないって言うか、読めないんですよね。

前情報は一切なし。こんな映画があったことすら知らなかった。

--------------------------------------------------------------
感想:☆☆☆☆(ツイン・ピークスが好きならヤバイ)

これはね、ヤバイです。

監督&脚本がデビッド・リンチ。音楽がアンジェロ・バダラメン
ティ。『ツイン・ピークス』のゴールデン・コンビじゃないです
か。オープニングでバダラメンティの名前を見つけた瞬間、「ハ
マる」と確信しました。

もう好きな人にはたまらないシーンが満載です。カーテンの部屋
と小人。歌姫のオンステージ。不意に突かれる笑い。現実と幻想
の混同。ピカピカとチープなフラッシュ演出。

ストーリーは「抽象的だ」「難解だ」と騒がれていたみたいで、
監督のリンチもインタビューで「観た人がそれぞれ解釈すればい
い」とコメントしています。

だからまるっきりワケ分かんないのかと言えば、そんなことはな
い。ちゃんと1本、解釈次第では2本の筋が通っています。

あー、コレはホントにヤバい。『ツイン・ピークス』が観たくな
る。主人公が女性なだけに、クーパー捜査官が見たくなる。

ただ、“向こう側の世界”との混同っぷりは、ダメな人にはまる
でダメかもしれない。デビッド・リンチの原点の世界観が好きな
人におすすめの作品です。
| やちき式レビュー | 05:50 | comments(0) | trackbacks(2) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yachiki.soragroup.jp/trackback/508671
トラックバック
歌姫
「熱い男の魂の唄!甦る一片の記憶」ドラマ「歌姫」長瀬智也 主演
| 歌姫 ドラマ最新情報 | 2007/10/26 7:14 AM |
【無料映画】マルホランド・ドライブ 「主語を見つける為の動詞だけの断片」
難解と言うのは答えが有るから難解という訳で、この映画は立方体のルービック・キューブでは無く、平面のジグソー・パズル。本体のパズルから、わざわざ数枚のピースを抜いておいて...
| CARAMEL*PAPA | 2007/12/13 6:53 PM |