サイト内検索
記事のカテゴリー
最近の記事
FEEDで更新をチェック
  • RSS1.0
  • Atom0.3
おすすめの本
おすすめの本
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
ブログ著者
<< カルボナーラ | main | 隅田川花火大会 >>
悪い男

「やちきは良いヤツだよね」

とよく言われます。

とても光栄ですが、あまり「嬉しい!」とは思いません。なぜな
ら本人としては自分を悪いヤツだと捉えているから。


ボクは「善悪」というモノの見方を放棄してしまっています。つ
まり、行動するにあたってそれが一般的に良いとされているかど
うか? は意識しない。

たとえば『70%健康マガジン』で「喫煙」というテーマを取り上
げたとき、記事を書くためにいろいろ調べました。すると世の中
は「喫煙派」「嫌煙派」「禁煙派」がそれぞれの権利を主張して
大変なことになっています。

でもボクは別にたばこを吸うことに関して特別な思いはなく、た
だ漫然と吸っている。権利も主張しないし、怒られたら「ごめん
なさい」と言って消します。非難されそうな場面であえて火を点
けて油を注ぐようなマネもしません。


喫煙に限らず、善悪の基準についての話はだいたい法律と立場、
その時々の道徳という一般論で決着が付きます。

そしてその基準が猫の目のようにコロコロ変わることに関して、
政治やマス・メディアの責任だと糾弾するつもりもありません。

ボクにとって「善悪」とは「世論」と同義なんです。

流行と同じように、何かを成そうとするときに使える。それだけ。
利用できると感じれば、それこそ善悪関係なしに乗っていく節が
あります。

こういう人間は、ストーリー展開的にいちばん悪いヤツだと相場
が決まってるでしょう。そして熱い想いを抱きつつ時代に翻弄さ
れた主人公の手でやられてしまう。

長くなりましたが、これが自分が悪い人間だと反省もせずに思う
理由です。


ただ、善悪は関係なくとも自分なりの行動基準はあります。それ
はさまざまな立場や考え方の人と交流し、傷付け合って培ってき
たもの。大義名分を前にしては黒船に立ち向かう笹舟のように
ちっぽけですが、ボクは命がけでそれを信じています。

善悪の基準は、みんなが自由に作っていけばいい。
しかし自分の基準を作れるのは自分だけ。
それが「やちき流」。


ちなみに、「差別」や「逆差別」はやっぱりあると思います。

善悪と同様、特定のポジションにカテゴライズされた人が王様。
別に個人主義を唱える気もないけど、全体主義的な気分ってあ
るんでしょうね。どこかに属したいっていう。

対岸の火事ならいいけど、食らうとイタイぜ。


<注意>
「○×な男」は娯楽的な“読み物”ですが、もし不愉快な思い
をされた場合はコメント、もしくはメールでご連絡ください。
文章を跡形もなく削除します。



| ○×な男 | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yachiki.soragroup.jp/trackback/431342
トラックバック