サイト内検索
記事のカテゴリー
最近の記事
FEEDで更新をチェック
  • RSS1.0
  • Atom0.3
おすすめの本
おすすめの本
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
ブログ著者
<< やちきとおかしな仲間たち | main | RSSでブログを購読する方法 >>
束縛する男
そうだな、例えば
「また今度飲もうぜ!」
と言って解散した場合。

本当にまた飲むのは1年か2年先。 ヘタしたらもう会わない
かもしれません。

ボクの中で「また今度〜しよう」は「さようなら」とほぼ同義
です。

なぜかと言うと、束縛がないから。

本当にまた会うつもりがあるなら、来月の第3火曜、21時に渋
谷ハチ公前くらいまで決める。つまり束縛しなきゃダメです。


ボクは学校も仕事もない「まったく自由」の状態を人生で何度
か経験しています。忙しい、もしくは忙しいつもりの人たちか
ら、ものすごく羨ましがられましたね。

だけどボクが学んだのは、

「自由は人を壊す」


ただそれだけ。

ボクの周りは案外、働き者が多いからあんまりこの感覚は伝わ
らないかもしれません。


自分を含めてボクの知り合いはおそらく全員でしょうね。
束縛なしに行動できないんですよ。

地面がないとそもそも歩けないし、壁がないと進む方向が決め
られない。袋小路では開かれた道を選ぶし、囲まれていれば
「登る」という選択肢に気付くこともできる。

毎朝9時にタイムカードを押さないと怒られるから早起きする。
アイディアも言いっぱなしじゃ分からなくなるから“たたき台”
と呼ばれる仮アイディアを作る。この世に異性は何十億人とい
るのに、身近な人に恋をする。

不自由なほうが動きやすい。そんなもんです。


だから漠然とやりたいことがある人に、可能性や希望を与える
のは逆効果。妄想が暴走して話がでかくなるだけで、カラダは
1mmも動きません。

少なくともボクだったらその幸せな妄想を夢と呼び、まったく
行動を起こさないでしょう。

好きなことをやりたいときは、
まずそれに束縛されちゃう。
それが「やちき流」。


ちなみに、タイトルを見てテーマが恋愛だと思った人、
ごめんなさい。

ボクが恋人を束縛するかどうかはご想像にお任せしますし、
きっと想像通りだと思います。ふっふっふっ‥‥。


<注意>
「○×な男」は娯楽的な“読み物”ですが、もし不愉快な思い
をされた場合はコメント、もしくはメールでご連絡ください。
文章を跡形もなく削除します。

| ○×な男 | 20:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
超同意!!

最近本当に多いですねそういうヤツ。

僕はそういう奴は逃がしません。

「今度飯くいいこやー」

と言われて、一日連絡なかったら即詰めます(笑)

基本的にその場で互いが向き合うことを避けるために使っているようなもんですからね。真剣に話をしているやつに失礼です。

今の部下にも厳しくそれは伝えてます。

「又機会があれば」→「いつだよ!」

「今度やります」→「一生やってろ!」

「二度とやりません」→「じゃあ次やった時の責任の取り方と誓約書を書け!」

何となく使っている言葉で、こういうところで信用ってなくすんやろなって思ってます。

そんな奴らを容赦なくこれからも斬っていきたいもんですはい。

この記事部下にも読ませます!
| 西江 | 2007/07/24 6:09 AM |
ブログ見たよ〜。
http://ameblo.jp/youth-nishie/entry-10040867919.html

いいね。行動主義。動くためには言葉も必要だけど、
それは自分に向けた着火点にしないとただのぼやき
になっちゃうからな。ボクも気を付けます。
| やちき | 2007/07/25 2:20 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yachiki.soragroup.jp/trackback/367764
トラックバック