サイト内検索
記事のカテゴリー
最近の記事
FEEDで更新をチェック
  • RSS1.0
  • Atom0.3
おすすめの本
おすすめの本
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
ブログ著者
<< モノは人間性すら変えるのだ | main | 安くてうまいのがスゴイ >>
ストーリーが好き
何が好きって、ストーリーが好き。


小説、映画、マンガ、ゲーム。
とにかくストーリー性のあるものが大好きです。

だから映画なんかだと

「台本を作らず、その場の雰囲気で撮りました」

的なものとか、変にアートばかり意識したものはニガテ。




ストーリー作りで尊敬する作家は、小説家の安部公房(あべこうぼう)と、
言わずと知れたマンガ家・手塚治虫。


安部公房は必ずどんでん返しのある展開もさることながら、着眼点が
スゴイ。

理路整然と、完全な説得力で積み重ねてきたことが、ちょっとした
はずみで「うわぁ、なにやってんだオレ」となるワケです。
わかってるのにやられるんですよね。主人公と一緒に目の前が
真っ暗になっちゃう感じで。

ちなみに、安部公房はいろんな作家に影響を与えています。創作する
側にインスピレーションを与えるような作品が多いのでしょう。


手塚治虫は発想の引き出しの多さと、そのまとめっぷりがスゴイ。

1話完結なのに起承転結が盛り込まれて、ストーリーも壮大。
しかも似たような話がない。『ブラックジャック』を思い起こして
もらえれば分かると思います。

連載に備えて引き伸ばすことばかり考えてるマンガが横行する
なかで、手塚マンガはやっぱり一際違う。鳥肌モノです。


マンガで最近ハマったのは『DEATH NOTE』。

なんとなくオトナ買いで全巻買ってみたのですが、読み始めて
眠れなくなりました。

あのストーリーの練りこみ方は尋常じゃないです。なんでも
週間連載なのに物語は煩悩の数と同じ108話までと、真ん中
あたりまで進んだときに終わらせ方を含めて決めていたとか。


最近は自分でも何か書きたくなったので、SoRAでやってる
バッテリーのサイトをストーリー仕立てのマンガにすることに
しました。

原案はもう考えてあるんですけど、完成はいつになることやら…。



| 好きです | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yachiki.soragroup.jp/trackback/294327
トラックバック