サイト内検索
記事のカテゴリー
最近の記事
FEEDで更新をチェック
  • RSS1.0
  • Atom0.3
おすすめの本
おすすめの本
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
ブログ著者
孤独な王の話
同意され、肯定され、信頼されるのは快感を伴う。
否定され、拒絶され、信頼されないのは不快だ。

だいたいの人がそうだと思うし、
それは自意識の高い人ほど強い傾向がある。

つまり、こういう人だ。

・知識がある人
・肩書がある人
・権威がある人

 
続きを読む >>
| オレ理論 | 01:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
場所についての考察
久しぶりのブログです。

この間の冬の終わりに、吉祥寺に引っ越しました。

おかげさまで家はずいぶん広くなり、なんだかそれなりの30代男性のような感じがしています。
続きを読む >>
| オレ理論 | 03:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
プロとアマの境界線
編プロのライター時代に先輩から
「忙しいなんて死んでも言うな」

と言われたことがあり、それ以来どんな状況でもけっこうヒマそうに
振る舞うようになりました。
続きを読む >>
| オレ理論 | 02:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
星の巡り
S邸でひと晩寝かせたハッシュドビーフをご馳走になった帰り。
午前2時半の夜空を見上げると、オリオン座がきれいに輝いていました。

だからなんとなく、久しぶりにブログでも書こうかと。
続きを読む >>
| オレ理論 | 02:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
電車になんか乗れないと思っていた
そう思っていたのは小学生の頃。

ボクの行動範囲と言えばせいぜい自転車で行ける隣町くらい。
それも外の世界が怖くて、家に閉じこもりがちな少年がボクでした。

それが人生で初めて、しかも1人で電車に乗って横浜まで行かなければならなくなったんです。

続きを読む >>
| オレ理論 | 03:18 | comments(2) | trackbacks(0) |
心地よい空間のつくり方
ボクは新しいヒト・モノ・環境に対する順応性は、
おそらく自慢できるレベルだと思っています。

初めて会話した相手に「初対面の気がしない」と言われることが
けっこうあるので、客観的にもそうなんでしょう。

なぜか?
続きを読む >>
| オレ理論 | 03:09 | comments(6) | trackbacks(0) |
やる気のはなし
電車の中の数十分で、これだけ出てきた。

生き延びようとするな、死に場所を探せ。
タイミングにだけは気を付けろ。
他人が上を目指すなら、自分は横へ行け。
今しか見えないくらいなら、何も見るな。
死んでも筋だけは通せ。
意味を探すな、感じろ。
賢くするより馬鹿であれ。
些事に囚われるな。
金は計算するな。
夢を見るな、自分を見ろ。
苦しいときほど笑え。
どうすれば質を落とさずサボれるか考えろ。
男らしさだけは忘れるな。
殺すときは、潔く殺せ。
自分の選択に殉じろ。
常に正直でいろ。
人には騙されろ。
複雑にするな、シンプル・イズ・ベスト

これらはボクが自分に課しているルールである。
もしもボクがこれを破っているのを見たら嘲るが良い。
ボクは深く恥じるだろう。

ずいぶん制限が多くて不自由に見えるが、「ココから先はダメだ」
という境界線がハッキリしている分、かえってのびのびと動ける。

なにも決めないでいるほうが猜疑心が強くなって
人の間を泳ぎづらい。

続きを読む >>
| オレ理論 | 03:16 | comments(2) | trackbacks(0) |
「人気」についての考察
最近、「人気」という言葉について考えます。

「人気」とは以下のような意味です。

にん‐き【人気】
人々の気受け。世間一般の評判。「―が上がる」「―をさらう」

ちなみに、気受けとは以下のようなことを言います。

き‐うけ【気受け】
他人が、その人に対して持つ好悪の感情。受け。「世間の―がよい人」

※両方とも『大辞泉』より抜粋
続きを読む >>
| オレ理論 | 02:56 | comments(2) | trackbacks(0) |
おデブとらーめん、そして愛情論
最近、諸事情により東京タワーの近くのオフィスで働かせても
らっています。

オフィスの周辺にはそこそこいろんなお店があり、なかには当
然のようにラーメン屋があったりもします。

今日、そこでランチを楽しんでいると、隣にものすごいサイズ
の、端的に言えば想像できるおデブの2倍は太った男性が座り
ました。

彼はすばらしいテンポでらーめんを啜り、残り3分の1ほどに
なったところで店員を呼びました。

「チャーシューめん、ネギ多め。大盛りでね」
続きを読む >>
| オレ理論 | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
Victorの犬
Victorと言えばオーディオの前で首をかしげる犬。

今日、銀座でビクターの看板を眺めていたら、この絵にタイトル
が付いていることに気が付きました。

「His Master's Voice」

His Master's Voice
続きを読む >>
| オレ理論 | 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>